2021年03月15日

あれから10年経ちました

先週の事ですが3.11から10年が経ちましたね。


震災当時、スワローズは神奈川県川崎市で働いて


おりました。


勤務先では殆どの人は電車通勤だったのですが


都内や神奈川県内の人は歩いて数時間掛けて帰りましたが


スワローズの様に埼玉県からの通勤者や遠方からの


通勤者は会社に泊まる事になってしまいました。


泊まると言ってもベッドなど無いので非常用の


断熱シートに身を包んでイスを並べてその上に寝る


程度でした。


結局、この日のJRは運転せず翌日になってしまいました。


翌朝の運転再開も帰宅難民でごった返して中々


乗れないので、電車が空いたお昼近くになってから


埼玉県に向けて帰る事が出来ました。


被災地についてはどうかと言うと母方の実家(本家)が


南相馬市なのでその周辺にも親戚が多く地震、津波の


被害を受けてしまいました。


特に相馬市の叔父さんは漁師をやっていた事もあり


海沿いに住んでいたのですが、家屋は流され


叔父さん、叔母さんも命を落としてしまいました。


とっても残念な出来事でした。


因みに流されてしまった家屋は住宅ローンの残債が


無かったと言う事で無保険だったそうです。


聞いた話では周辺の家で住宅ローンが無い家では


火災保険に入っていない家が多かった様です。


人生、何が起きるか分からないので住宅ローンが


終わっていても火災保険(勿論、地震保険も)には


加入しましょうね!


震災後のGWに叔父さん、叔母さんの葬式に参加した後、


叔父さんの家の跡地に行ったのですがベタ基礎だけが残り、


建物は綺麗サッパリと無くなっていました。


(建物は300mほど流された所で発見されました。)


周辺の家も全て流されてしまっていて、残っていたのは


三階建てのスーパーとガソリンスタンドだけがかろうじて


形を残していましたが、それ以外は木造家屋ばかりだったので


何も残っていない焼け野原の様な状態でした。


田舎の漁師街なのでRCとか無いですからね…


津波の恐ろしさをまざまざと見せつけられました…


不動産の方はどうだったかと言うと、スワローズは


東北地方には物件を持っていません。


当時、保有していた神奈川県横須賀市、相模原市、栃木県小山市の


各アパートと埼玉の自宅は地震保険で一部損壊が


適用となりました。


これは結構、大きかったですね。


後に大規模修繕をやった時の資金の一部になりました。


実際、ALC板に大きな亀裂が入ってしまった所(雨漏りも


発生しました)やサイディングがズレてしまった所も


あったので地震保険は助かりました。


人生何が起きるか分かりません。


大事な賃貸用不動産を守る為にも火災保険、地震保険は


必須で加入するべきですね!


いつも応援ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ


人気ブログランキングへ
posted by 埼玉swallows at 08:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする