2020年03月26日

民法改正の影響

2020年4月の民法改正に伴って連帯保証人制度が


変わりますよと管理会社さんから連絡がありました。


内容としては個人が連帯保証人になる場合には


保証の極度額を契約書に明記しないとその保証は


無効になると言う事。


丁度、4月に契約更新があるので極度額を設定


しなければなりません。


極度額は賃料の1〜2年分が目安との事。


「保証額によっては連帯保証人から拒否される


場合があるので1年分にしませんか?」との提案でした。


確かに家賃2年分だと200万円近い金額なので


その半分にしませんか?との提案です。


でも、それってその分のリスクを大家さんが


受けてよ!って事ですよね?


ちょっとムカッとしましたよ。。


取り敢えず、スワローズの提案としては2年分で


折り合えなかったら1年半にするとか、1年にする事を


考えれば良いかなと考えました。


面倒な作業ですけどルール改正にも対応しなきゃね〜\(^o^)/


応援クリック宜しくお願いします。( ´ ▽ ` )ノ


人気ブログランキングへ
posted by 埼玉swallows at 00:24| 埼玉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!大家ナカシマです。
いつも楽しく拝見させて頂いています。
さて、民法改正の中でも我々、大家にとっての関心事、
「連帯保証人の限度額」ですが、私がお世話になっている管理会社から
一通のお知らせが届きましたので、内容の一部を以下に記します。
参考にしていただければと思います。
「・・・四月以降の更新に関しましては、基本的に賃貸借契約のみの契約更新を
行う流れにさせていただきます。(連帯保証人様に関しましては、更新を行わず
継続という形をとります。)・・・」
Posted by 大家ナカシマ at 2020年03月26日 09:47
大家ナカシマさん
連帯保証人は継続なんですね!
参考になります!
Posted by 埼玉スワローズ at 2020年04月01日 01:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: