2021年09月22日

食品工場では火を使う

漸く入居となった埼玉3棟目の空いていた店舗。


最終的には食品加工会社(小規模な工場)が入居となっております。


食品を作る時には火を使うのですが、そこで心配なのが


火災保険料が上がってしまうのでは無いか?と言う事。


以前、誰かのブログを読んで火を扱うレストラン


(喫茶店だったかな?)がテナントに入って火災が起こる


可能性が高くなるので火災保険料がかなり高くなった記事を


見た事があります。


スワローズもそれを気にして少し憂鬱になっていました。


(元々の入居者は営業所だったので火を扱う仕事では無かった)


なので保険代理店に新しい入居者は食品加工会社ですと連絡を


入れたら早々に返信があり


•店舗内にはイートインスペースがあるか?
•食品加工に従事するのは5人未満か?(5人未満だと料率が
小売店扱いになる。5人以上だと食品工場の扱い)


との質問が寄せられました。


入居されたテナントさんはイートインスペースは無いし、


加工に従事するのは2人との事だったので小売店と同じ料率になりました。


それで、結局は保険料は変わらず金額に変更は無い事になりました(ホッ)。


火を扱う食品加工会社でも加工に従事する人が5人未満であれば


保険料率は変わらなかったよ!と言うお話でした(^^)


(保険会社に寄っては条件や結果が変わる可能性がありますので


詳しくは担当の保険代理店に尋ねてみてくださいね)


いつも応援ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ


人気ブログランキングへ
posted by 埼玉swallows at 01:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: