2021年09月30日

管理契約が打ち切られる

先日、タワマンの管理会社が契約を打ち切られると言う


内容の記事が書かれていました。


打ち切りの背景としては管理会社の利益の約7割が


修繕工事であるが大規模修繕の際、管理会社とは別の


業者に発注されるケースもあり、管理会社側も無理に


契約を継続しなくなってしまった模様。


また、管理人や清掃員の人件費の高騰もあり、十分な


利益を上げる事が困難になって来た様です。


記事ではタワマンが舞台になっていますが我々の様な


割と小規模なアパート、マンションのオーナーとしても


参考になる記事だったのでここでシェアしたいと思います。



住宅クライシス タワマン管理契約と修繕工事の深い関係

出典 産経新聞
================================
ダイナミックな眺望や充実した共用施設などが人気の
タワーマンション。容積率や日影規制を緩和した
平成9年の建築基準法改正によって都市部を中心に
開発が加速し、棟数は全国で1300を超えた。
新築ラッシュが今も続く一方で、築年数が経過し、
管理組合と管理会社との関係性に亀裂が生じた
マンションも少なくない。
管理会社では近年、売り上げ拡大よりも利益を重視した
経営にシフトしており、新築時から続いた管理委託契約を
打ち切る事態も起きている。

詳しくはこちら↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/712185e3a6dc7aab850a424c5bd1cc9d05996606

================================

いつも応援ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ


人気ブログランキングへ
posted by 埼玉swallows at 07:14| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: